キレイになりたいなら体温を上げよう!

2021年3月19日

ダイエットがうまくいかない…
今よりもキレイで可愛くなりたいのに頑張っても効果がない…
自分に必要なケアが何かわからない…

という時、たった一つのことを意識すれば身体が変わってくるはずです!

それは「体を冷えから守ること」

私達の体は冷えているとうまく働かないんです。

元々筋肉量が少ない女性の方が熱を産生しにくいので冷えやすいと言えます。
しかし、生活習慣によって自ら冷えを起こしてしまっている場合もあるのです。

 

 

今すぐやめたらキレイの近道 ?!

 

1.薄着

外気の寒さから身を守ることが大切です。
“首、手首、足首、くびれ(お腹)” これらの4つのくびを意識して温めましょう!
夏は暑いので肩や足が出がちですが、冷房によって冷えるので必ず1枚羽織れるものを
用意しておくと良いでしょう。
室内外の温度差も冷えの原因です。

 

2.冷たいものを摂る

胃腸が冷えることで体が内臓を温めようと血液が中心部に集まり、体全体が温まるという理想形から遠ざかります。
そして多くの女性が悩みを抱えている手足の冷えに繋がります。
夏場は特に冷えたものを摂りがちですが、氷がたくさん入っているものはなるべく控えましょう。

 

3.ストレス抱えない

ストレスを抱えると体温調節の命令を出してくれる自律神経が乱れるので、
体の冷えから守ることが難しくなります。
ストレスは知らぬ間に抱えてしまっているものです。
自分の好きなことを見つけポジティブでいられる時間を作りましょう。

 

 

キレイな人はみんなやってる習慣

 

・入浴

これに勝るものはないでしょう。
簡単に取り入れられて、さらに癒しの時間を堪能できるとすれば今日からやるしかない!
ちょっと面倒だし、忙しくて時間も惜しい!など、なかなか毎日入浴できない方も
冷えやすい足湯、または今では履くタイプ(足用)の湯たんぽが売っているので、
そちらを手軽に活用するのもおすすめですよ!

 

・温かいものを摂る

そんなに意識してられない!という方も大丈夫です。私達が普段摂っている食べ物には東洋医学でいう陽の食べ物(体を温める)と
陰の食べ物(体を冷やす)があります。
体を温めるのに意識して食べてほしいのは陽の食材です。

 

 

 

※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスに気を付けましょう。
「起きたらコップ1杯の白湯を飲む」そこから始めて下さい。

もはや当たり前になってきている美人の習慣ともいえるでしょう。

 

・運動してストレス発散

人は散歩するだけで幸せホルモンである“セロトニン”が分泌されます。
ダイエットで一駅分歩くのも、ダイエットに繋がるだけでなく
ストレスが発散されているのです。一石二鳥ですね!
 

今日から始められる簡単な習慣を取り入れて、体温のある美人になりましょう。