脚痩せの答えはふくらはぎに!!

2021年3月5日

【脚痩せ】は永遠のテーマですよね。

ちょっと疲れをそのままにしておくと浮腫んだり、食べすぎたな~が続くとセルライトが出来たり、運動不足になると筋肉が低下してメリハリがなくなったり…

足の綺麗を保つことってなかなか難しいですよね。

 

脚痩せと言っても

太ももを細くしたい

足首をキュッとさせた

膝上の脂肪を取りたい

ふくらはぎを細くしたい

まっすぐな足のラインを作りたい

など沢山のお悩みがありますね。

 

実はちょっとしたポイントを抑えるだけで脚痩せのスピード・効果がグンと上がるんです!

 

脚痩せのイチオシポイントは‘ ふくらはぎ ’です!

 

脚が太くなる原因として、老廃物を回収したリンパ液が重力によって下の方に(足元)溜まってしまうのですが、筋肉がポンプのように押し上げてくれることによって美脚を保ちます。

ですが、筋肉の柔軟性が低くなるにつれて、ポンプのような働きが鈍くなり老廃物が溜まっていき、足が太くなり、ダルさなどの体感も出てきてしまいます。

ふくらはぎが細くまっすぐだと、脚のラインが長く見え美脚を連想させます。

太ももを細くしたり、膝上をスッキリさせるよりも簡単に脚が綺麗に見える方法は、ふくらはぎにメリハリがあることが必須条件です!

 

 

 

メリハリふくらはぎを作る方法

 

●湯船or足湯で足首~ふくらはぎを温める

手足などの末端が冷えている状態は血流が悪く老廃物を上手く運べない状態です。

湯船や足湯に浸かり血流を上げることで老廃物を除去する準備が整い、マッサージの効果がグンと上がります!

温まる範囲が大きいほど全身の血流が上がり、ダイエット、美肌効果も高まりますのでオススメです!

 

湯船の中で足の指ジャンケン

温まっている間に足の指に力を入れ、開いたり、閉じたりを繰り返し行います。このストレッチを行うことによって足の裏と足の甲のむくみを取っていきます。

 

足首を回しストレッチ

床や椅子に座り右ふくらはぎを左の太ももに引っ掛けます。

右手で足首より少し上を支え、左手で足の甲を掴み、足首をグルグル回します。右回転、左回転それぞれゆっくり20回ずつ程行います。反対の足も同様行います。ヒールやスニーカー、毎日同じものばかり履いて歩いていると足首が硬くなりやすく、綺麗なアキレス腱が出にくくなります。このストレッチだけでも足が軽く感じられる方も多いです。

 

ふくらはぎのリンパ流し①

ボディークリームやオイルをふくらはぎに塗布します。

両手の親指をアキレス腱の一番下に重ね、圧をかけながらゆっくり膝裏まで流します。

(痛みが強い場合は親指以外の4指で流します)

数回繰り返すと老廃物が流れ、心地よさを感じます。

 

ふくらはぎ全体の水抜き、雑巾絞り②

床や椅子に座り右ふくらはぎを左の太ももに引っ掛けます。

ふくらはぎを雑巾絞りのように下から上に移動しながら往復します。ねじることによって脂肪と脂肪の間に酸素を送り込むようなイメージです。

肉質が柔らかくなってきたら次に進みます。

 

猫手で全体を流しきる③

手を軽くグーにして猫の手の形にします。

足首から膝横にかけて、下から上に①②でほぐした老廃物をしっかり流します。

ふくらはぎの360度流し忘れが無いように色んな方向からアプローチします。

 

仕上げは①②③を繰り返す

繰り返すことでむくみが取れていく実感を得られます。

また、水が抜け脂肪が移動することで脚のラインが綺麗に出てきます。

 

 

工程としては多く感じますが10分~15分程のマッサージです。

まずは今日!出来たら3日間、次は1週間と目標を刻んで習慣にしていきましょう!

 

ふくらはぎがスッキリし、足首が綺麗だとヒールもスニーカーも似合いますし、脚長効果も抜群です!

 

まずは今日から始めましょう♪