梅雨のむくみに向き合うコツ ~フェイス編~

2021年7月9日

朝、起きてお顔がむくんでいるのを見るとテンションが下がってしまいますよね。
見た目の印象も大きく変えてしまうし、むくみをそのまま放置してしまうと『たるみ』の原因にもなってしまいます。

梅雨の時期は前回のボディ編でもお伝えした通り、むくみの不調が出やすい季節なので気づいた時にきちんとお顔もむくみケアをしておくことで後のたるみケアにも繋がります。

ボディ編でもお伝えしましたが梅雨の時期は、
・短期間での気圧の変化で自律神経が乱れる
・湿度が高く余計な水分を溜め込んでしまう
・さらに冷房や除湿をすることで身体が冷えてしまう ことが原因でむくみを作ります。

 

 

お顔のむくみを悪化させる原因

梅雨の時期はいつもより、むくみやすい状態ですが下記のようなトラブルを抱えている人は、お顔のむくみをより辛く感じやすいです。

●首・肩こり
現代人で肩こりを経験したことがない人は殆どいないといわれるほど、多いトラブルです。慢性化してしまっている人も多いのではないでしょうか。デスクワーク、パソコン業務、スマホの普及で偏った姿勢を続けることで筋肉のコリが起こります。首や肩の筋肉がこるとお顔の表情筋が下に引っ張られ血行が悪くなります。
耳の下と鎖骨には大きなリンパ節があるため、首・肩こりがあるとリンパの流れも滞りむくみを悪化させてしまいます。

●睡眠不足
寝ている間に私たちの体は細胞を修復、再生したりと活動しています。寝不足や睡眠の質が悪い状態が続くと疲労回復が遅くなり、血行不良・水分代謝が落ちてしまいます。
また、普段使っている枕の高さにも気を付けましょう。
血液や老廃物は高いところから低いところへ移動しやすいため、低すぎる枕はパンパンにむくんでしまう原因の一つでもあります。

 

 

頭皮もむくむって本当!?

体や顔がむくむように、頭皮も余分な水分を溜め込みブヨブヨとした状態になってしまいます。頭皮のコリや高温多湿な環境で頭皮からも皮脂や汗を出そうとしますが上手に出せないことでむくみに繋がります。特に梅雨時期の頭皮のむくみは頭痛やめまい、頭の重だるさを悪化させますので注意が必要です。

<頭皮のむくみチェック>
◎頭皮を押したときにカチカチでもブヨブヨでもない程よい弾力があれば正常です。
×頭皮を押しても凹んだまま戻らない
×ムニュっと粘土を押したような感触
×ブヨっとした感触

 

 

お顔と頭皮のむくみ取り

むくみを取るのに有効なツボをご紹介します。

 

【顔】

・四白[しはく]
瞳の下をたどり、骨の際から自分の親指の幅分下がったところ
・太陽[たいよう]
こめかみのやや下にある大きく凹んでいるところ
・翳風[えいふう]
耳たぶの裏側のくぼんだところ

 

 

【頭皮】

・百会[ひゃくえ]
左右の耳のてっぺんと顔の正中線を結んだ線が交わる少しくぼんだところ
・天柱[てんちゅう]
後頭部の生え際で首の後ろにある2本の太い筋肉の外側のくぼみ

 

ツボ押しは、気になったときにいつでもどこでも簡単に触れるケアです。
強く押しすぎずに心地よい程度の圧で行いましょう。

 

勿論、アルコールや冷たい飲み物、塩分や糖分の多いお食事は余分な水を溜めるのでNGです。体に冷えがある人はお顔だけを気にしてもむくみは取れないので身体のケアも行いましょう。